Antornio Carlos Jobim/Passarim
e0121603_1194528.jpgボサノバの創始者とも言われるジョビンさんの紹介です。
作曲・編曲のみならず、彼自身がミュージシャン、そしてたくさんのアーティストが彼の作った曲を演奏しています。
ブラジルと言えば!ボサノバと言えば!彼です。
ちなみに彼の死後、1999年ブラジルのリオ・デジャネイロの空港に「アントニオ・カルロス・ジョビン空港」と名付けられたほど。
あまり彼を知らなくても「イパネマの娘」はとても有名ですね。
この「Passarim」は彼の晩年のCDのようです。
私の中ではどことなくミュージカルっぽいイメージ。
とても美しくて心が洗われます。
[PR]
by showgun65 | 2007-07-25 11:11 | お薦めCD | Comments(0)
<< 高橋知己「Nothin'... 名もなきアフリカの地で >>