AMADEUS
e0121603_2011828.jpgモーツァルトの生涯を描いた映画。
彼の才能を妬む音楽家サリエリの苦悩を、 老いた彼が振り返って語るように 物語は進む。
不眠症の時モーツァルトはよく聴いたけど、 こんなにも純粋かつ無知で愚かな 人だったなんて。愛はあるけれど、それだけしかなくて、傲慢で、謙虚さはほぼない。
本当に才能を与えられた人って その大きさが故に他が劣るのだろうか。
もちろん映画がどこまでノンフィクション性が あるのかは分からないが・・
それでも彼の音楽に対する姿勢がやはりすごいなぁと思う。きっとこういう人物だからこそ出来た音楽なのだろうなぁ。
ありがとう。モーツァルトさん!
長〜〜いけど、音楽の迫力もあってか、カツラの迫力もあってか(笑)のみこまれる映画です。
[PR]
by showgun65 | 2007-07-14 20:13 | お薦めmovie | Comments(0)
<< 名もなきアフリカの地で Os Novos Baianos >>