Os Novos Baianos
e0121603_19574014.jpg今回は、オス・ノヴォス・バイアーノスの「Acabou Chorare」
1968年にブラジルのバイーアで結成され、カエターノ・ベローゾやジルベルト・ジルの後を継ぐ「新しいバイーア人」という意味のようです。
今回のAcabou Chorareは結成から4年後あたり。
ほのぼのしたり元気になったりセンチメンタルになったりする、そんなアルバム。
私はこの中でもTinindo Trincandoという曲が好きだ。
「お金がないけど明るく歌って陽気に乗り越えよう〜」
ブラジルのポジティブシンキングがそこには感じられる。
見習いたいものです。
[PR]
by showgun65 | 2007-07-14 12:29 | お薦めCD | Comments(0)
<< AMADEUS やられっぱなしのサンタ >>