カテゴリ:あれこれ日記( 4 )
やられっぱなしのサンタ
何をしても起きないので遊んでしまいました・・・。


e0121603_2249396.jpg
1 リモコンサンタ

e0121603_22491531.jpg2 文庫本サンタ

e0121603_22492841.jpg3 iPodサンタ


[PR]
by showgun65 | 2007-07-11 22:51 | あれこれ日記 | Comments(0)
中山さんの宇宙
中山康直さんによる月の話
2007/07/08
中山さんは、10代の頃、プールでおぼれかけた際に宇宙へ行き、宇宙で長い時(30000年?)を生きた経験のある方です。中山さんの経験した宇宙では、自分が納得いくようなことを成し遂げる迄人生を終えることが出来ません。その結果中山さんはかなりの長さになってしまったようです。いざ人生を終える頃になると、来世はどうするかという選択肢がそこには置かれています。その中の選択肢に「宇宙に来る前の自分に戻る」という選択肢があったのでそれを選んだら、溺れて人工呼吸をされていた10代の頃に戻ったという。その中山さんが、太陽・月・地球の三つの話をそれぞれ講演会で行なって下さっています。今回はその二回目、月でした。

1回目・太陽の話の復習
太陽信仰というのは、昔はエジプト・マヤ・インカのピラミッドなどで行なわれていたが、今はほぼただの建造物になっている。実は今一番太陽信仰が機能しているのは日本の神社だけ。
神社=ソーラーエネルギーセンター・生命の源
神社は多くが自然の中にある。本堂には鏡があり、うつる自分こそが神社そのものである。
つまり、自然の中で自分を再確認するものこそが神社。

2回目・月の話

<月は不可欠>
太陽信仰で有名な伊勢神宮
天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られている。
太陽信仰だが、実は月を祀っている。
 伊=日出ずる
 勢=背
  日が出るところの背にあたる部分=月
★地球は光と水で生命が生まれる
太陽が光を与える。月が育む。月がなくては地球は成立たない。
地球の周りを、遠近ウェーブで回るため、引潮や満潮になる。
つまり、月は地球のあらゆる水を管理するコンピュータ的役割を果たしている。
(※人間の臓器は月へん)

●暦と月
西洋キリスト教から来るグレゴリオ暦
360度で分断し、人間が設立して、29日、30日、31日・・と調整したもので、自然な暦ではない。昔の人はカレンダー・手帳なんて使っていなかった!!
参考:マヤ暦 28日周期=毎つき日にちと曜日が一緒。自然のリズムに合っている。

今、地球から見た暦でなく、太陽から、月から地球をみた暦を作成中。
それらの暦をただただ眺めているだけで、ツイてくる。


●1969年 アポロの月面着陸
実際は月の写真が少し修正されたり合成されたりして公表された。
→本当は未知の生物や建造物がたくさん写っていたが、時代的に公表できなかった。
宇宙人は周波数が強く、実際は肉眼で見えるような早さでは動いていないらしい。しかし彼等は小さいながらも一番ポテンシャルのある地球を見守っている。
太陽によって光を与えられ、月によって育まれているということを、全て分かっている!
<実際の月>
23区と同じ大きさの建物や、14kmの高さのタワーや基地もあることが分かっている。建造物なのか自然のものなのかは分からないが、ここ数年で日本にも知られることだろう。

●夢と月
歌「夢は夜ひらく」フジケイコ
昼、太陽の光をたっぷりあびると、メラトニンが出る。メラトニンは活性酸素を中和して病気を防ぐ。メラトニンが多ければ多いほど、リアルな夢を見る。夢と現実を接続するホルモンだと言われている。
つまり、メラトニンがないと夢が実現しない!!!
昼=太陽=あびる  夜=月=眠る  大切!
ディジョリドゥ(楽器)を演奏するオーストラリアのアボリジニーは、ドリームタイムに生きていると言われる。明日誰が狩りに行って何頭打って……というように、明日のことを夢で見てしまう。

●ふんどしと月
月光仮面は正義の味方。だが実は世界一弱い。弱いので、敵に最低限の打撃を加えて、サッと逃げていく。そんな彼の理念は「殺さない・憎まない」それこそが正義。
正義の義は、我が美しいと書く
我が美しい姿とは……=フンドシをしていること!
→戦の時、鎧に月を付けたり(伊達正宗等)していた武士たちは、
いつ死ぬか分からないので「顔と褌だけは綺麗にしとけ」と
言われていた。 昔のことわざだった。
きっと月光仮面はフンドシをしていたに違いない。

西洋の染料政策によって大和魂である麻が封印され、パンツをはかされているが、寝ている時にパンツをはくと、免疫力が20%も低下する。体は神社であり、神社を化学繊維のゴムで締め付けるなんて、本末転倒である!!
麻=ヘンプは日本の大和魂。もう一度みんなで股元から変えよう。
たとえ環境改善をうたっていても、「あんたそんなこといってるけどパンツでしょ?」
というように、意味がない。感じないものも感じるようになる。世の中大変な事件が起きていても
「別にいいんじゃない〜?オレ、褌だし」と大きく構えていられる。
褌を身につけるというスピリッツで、シンクロニシティが起こる。
褌を神棚に供えることはできるが、パンツは出来ない。
今こそフンドシが大事。
フンドシにはエンライトメント=光明の効果がある。笑って生きる効果がある。
●世界が終わる話
先住民の話だと、2012年12月22日、世界が終わると言われている。
しかしそれは、今迄の時間の考え方が終わるということ。
そしてその年月の考え方は、キリスト生誕から来ている。
キリスト生誕は実際より5年早かったと言われているので、実は今年こそがその「世界が終わる日」となる。そして、日本は特にそれを感じやすい。
→理由となる歴史
5000年前、イスラエル統一 ダビデ王の息子、ソロモンの時代、イスラエルが繁栄していた。二代目、ナフタリになると、12の部族に分かれてしまった。2部族は、バビロニアに滅ぼされるのを恐れて海で逃げた→日本へ
残り10部族は、中等アッシリアに連れいかれ、捕虜となったが、アッシリアが途中で滅亡したのでアジアへ渡来した→日本へ
つまり、日本人の血には、ユダヤの血が流れている
日本の国旗 朱の民

今こそ褌をして心を入れ替えよう。

●人間の悩み
仕事・人間・体 の三つが多い。
健康なら全て乗り越えるべきこと、乗り越えられること。
自分が自分である可能性は、3億円の宝くじが100万回当たるよりも低い。
=既に当たっている=当たり前=奇跡!!

お釈迦様
人間は無知だ。執着・欲望ばかり。
今野世の中病気を治すためにある。本当は天寿を全うすればそれでいいのに。恋も、金も、全てはうつろいゆく。執着してもしょうがない。

(おおまかなまとめ)
地球はまだまだ見守られているし、綺麗なところがたくさんある。ビジネスのために、わざと汚いところしか見せない時があるが、地球は浄化力を持っていて、汚いものは浄化できるようになっている。地球の可能性はまだまだたくさんある。太陽と月のコラボで生かされている地球、その中で自分が自分である可能性は、3億円の宝くじが100万回当たるよりも低い。=既に当たっている=当たり前=奇跡!!
まだまだ地球は美しく、そこにいる私たちの可能性も莫大。
「当たり前」の中にたくさんの奇跡があることを再確認し、フンドシをして、太陽の科学と月の科学の恩恵を受けて喜んで生きていくべきだ。

というような話でした。

自分の言葉でまとめるのは非常に難しいけど、本当に良い時間だった。
自分達の今いる場所、おかれている状況、すべてが宇宙規模で見たらちっぽけだけれど、でもそれぞれが尊くて、笑って生きないともったいない〜と改めて思った。
10月には三回目、地球の公演があるようなのでまた行こうと思う。
中山さんは、2時間休憩もせず水ものまずぶっ通しでお話して下さり、聞いている方も何故か全く疲れることなく、眠くなることもなく集中した!!
フンドシ買ってみようかな〜
[PR]
by showgun65 | 2007-07-09 15:56 | あれこれ日記 | Comments(6)
大きくなったニャンコ
e0121603_13482265.jpg
6月で1歳になる。
猫の1年は人間の20年。
1kgでうちにやってきた彼らは
もう5kg・・・。

e0121603_13501857.jpg
デカイよー。
二匹いっぺんにだっこはもう
できません。
そして、運動量が減り、寝てばかり。
相変わらず甘えん坊で
出る時も帰る時も必ず玄関に来ます。
大きい猫も大好きだけど、
でもこれ以上大きくならなくてもいいよ・・・。
e0121603_13504752.jpg

[PR]
by showgun65 | 2007-06-17 13:52 | あれこれ日記 | Comments(2)
さっぽろ生き物編
e0121603_14543052.jpg

精ちゃんの実家の猫ポンタ。
女の子なのにポンタ。
17歳のポンタ。
17歳なのにうちの1歳のサンタ・マルコより小さいポンタ。

元気で長生きしてちょ。

e0121603_14553582.jpg

札幌に行く時は毎回足を運ぶ回転寿司。
いくらにウニにブリに中トロ・・
その中で、ウツロな目をしている彼・・
ノスタルジック甘エビちゃん。

e0121603_14554784.jpg

実家の水槽。
ゲコゲコ。いつも元気に泳いでいる。
カエル嫌いな人ごめんなさい。
でもなんだかかわいい。
[PR]
by showgun65 | 2007-06-02 15:01 | あれこれ日記 | Comments(2)